医療機関による治療|綺麗にいぼを切除しよう【コンプレックスも解消】
  1. ホーム
  2. 医療機関による治療

医療機関による治療

顔を触る人

治療法も様々にある

いぼは、治りにくい皮膚病と言われているため、意外と悩んでいる方が多く、重要視すべきは医療機関の選び方です。1年以上も治療にかかってしまうこともあり、気長に治療したい場合には、いくつかの治療法を組み合わせてくれる美容皮膚科が適しています。また、見た目の問題や生活上での不都合が生じるような、無数にできるいぼもありますが、そんなケースでは、切除手術を得意とする美容外科を選ぶのが適切です。切除したり、液体窒素やレーザーを使用したりする方法もありますが、皮膚科でも外科でも基準におきたいのは、幼児から高齢までの患者の受け入れ体制です。というのも、児童期によく見られる水いぼもあれば、30代では尖圭コンジローマがよく見られ、加齢とともに出てくるのが老人性のいぼです。このように、幅広い年齢層に応えられる医療機関では、それだけ様々な治療法も用いています。切除や除去のみならず、塗り薬や飲み薬、自然治癒など、様々な治療方法を提案してくれます。治療によっては保険が適用されないこともあるので、こうした選択は重要視できます。いぼは、ウイルス感染が原因のものと、体質によるものに大きく分けられますが、しっかり治療することが大切です。状態によっては、ハサミやメスなどを併用する切除もありますが、それだけが選択肢ではありません。皮膚科や外科などの各医療機関によって、様々な治療法を検討してくれます。1度に多数のいぼを治療したい方におすすめの方法もありますし、治療時間が短く、皮膚組織の損傷を最小限にするレーザー照射による治療法もあります。一概にはいえないものの、切除してしまうことによっては、傷跡が残ってしまうこともゼロではありません。例えば、老人性のいぼに悩む場合、加齢によって肌周期が遅くなりがちです。肌機能が正常に働くことで、傷も少しずつ薄くなりますが、周期が遅れることで、傷跡が長くその部位に残ってしまうことも可能性としてあります。もちろん、傷への不安感を払拭できるように、肌再生機能を向上できる美容整形も施せます。こうした内容から言えるのは、美容の名称の付いたクリニックを選ぶことにもあり、技術に定評のある医師の選択、この点に気をつけることで、後々のトラブルにもしっかり対策ができます。